タイラバには欠点というほどのものでもないものの、ひとつだけ一般の釣りに広まりきらない弱点がありました。それは船で沖合に出てからの釣り方であったため自分で船を持っていない人は、遊漁船に乗せて行ってもらうしかなく、釣りに行くのにお金が掛かってしまうことが最大の弱点でした。遊漁料は船によってまちまちですが真鯛をターゲットにするような好漁場に行くには10,000円前後が相場です。1回の釣りをするにはけっこうな出費となります。せっかくのエサ代がいらない釣りもここまで来るとそう滅多に釣行できません。自分で釣り船を保有している人でも距離にもよりますが一回につき3,000円~5,000円くらいの燃料代がかかります。そのためにショア(shore)=陸上から真鯛を狙うショアラバは車やバイクで近くの堤防や地磯に行けばできるので手軽でなんといっても経済的。だからこそショアからのタイラバは若年層を中心にいま人気を集めるようになったのです。財布にやさしい庶民的な釣りで高級魚が狙えるようになったのが人気を後押ししたと思われます。

ショアで釣るタイラバの魅力と人気の度合い

そんなタイラバですが欠点というほどのものでもないですがひとつだけそれ以上に広まらない弱点がありました。それは船で沖合に出てからの釣り方であったため自分で船を持っていない人は、遊漁船に乗せて行ってもらうしかなく、釣りに行くのにお金が掛かってしまうことが最大の弱点でした。遊漁料は船によってまちまちですが真鯛をターゲットにするような好漁場に行くには10,000円前後が相場です。1回の釣りをするにはけっこうな出費となります。せっかくのエサ代がいらない釣りもここまで来るとそう滅多に釣行できません。自分で釣り船を保有している人でも距離にもよりますが一回につき3,000円~5,000円くらいの燃料代がかかります。そのためにショア(shore)=陸上から真鯛を狙うショアラバは車やバイクで近くの堤防や地磯に行けばできるので手軽でなんといっても経済的。だからこそショアからのタイラバは若年層を中心にいま人気を集めるようになったのです。

ショアラバとは

ショアラバとは文字通りショア=陸上から行うタイラバの釣りです。陸っぱりなら防波堤だろうが磯場、サーフだろうが場所を選びませんただひとつ外洋に出て船の上から釣るタイラバと大きく異なるのは使うタイラバとタックルです。釣りをはじめる立っている場所が陸上ですから通常のタイラバのように落とすだけではなくキャスティングして遠くに飛ばします。軽くても20g以上はあるタイラバをキャストするのでそれ相応の負荷に耐えうるロッドやリールが必要。飛距離がでる形状にアレンジされた専用のタイラバ(鉛)も欲しくなります。どんな釣りでも専用のタックルが欲しくなるのは仕方のない釣り好きの性。一度揃えてもたまにしか行けない船からのタイラバよりも気軽に近場のポイントに自ら出かけて釣れるショアラバならそれ用にタックルを揃えておいても宝の持ちぐされにはなりません。