ジンベエザメの口の中から新種の「ヨコエビ」発見沖縄美ら島水族館



出典: 朝日新聞デジタル

沖縄県の美ら島水族館にいるジンベエザメの口の中から、口のほほやエラを住処にして寄生する新種の甲殻類が見つかった。

今回見つかった新種の甲殻類は通常海底にある岩や海藻の間に生息するヨコエビの仲間で美ら島水族館の研究チームと広島大学らが共同で見つけ出しました。

ジンベエザメの口に住むヨコエビが見つかったのは世界初!

元を正せば、このヨコエビの一種がジンベエザメの口の中から発見されたのは2017年のこと。そこから世界中の研究結果を照合、確認してからの今回の発表に至ったと思われる。やはりこういった研究者の忍耐と継続力には頭が下がる思いだ。

このヨコエビは体長が5ミリほどで、発見されたジンベエザメのエラの部分に千匹以上がいたというからちょっと驚く。

いろんな所で、いろんな生き方を見つけて。
弱肉強食、強いものが生き残るというが、実は、生物の進化は、共存共栄ではないかと思う。







あわせて読みたい記事