新型コロナの影響で観光客が減り水がきれいになり魚が戻るイタリアベネチアの水


イタリアのベネチアは水の都として名高い世界的な観光地だが、新型コロナウイルスのイタリア国内の感染拡大の影響で、移動が制限されているため、映画のワンシーンで見るような華やかな光景は見られず、閑散とした中にもどこなかう自然を感じる光景が話題を呼んでいます。


出典:AFP NEWS

”自宅にとどまろう。そうすれば自然はあなたに感謝する”
などのコメントが書き込まれているのは、フェイスブックのグループページ【Venezia Pulita】(きれいなベネチアの意味)に投稿された写真には、普段は濁っている水の中で泳ぐ小さな魚の様子や、運河を楽しむ鵜やシラサギが飛びかう画像でした。

ベネチアの運河の水はいつもなら、底に溜まった汚泥が行き交うボートのスクリューにより巻き上げられていたり、観光客の捨てたポリ袋やごみが浮かんぶなど汚染された状態であったが、移動制限により自然にとっては劇的な効果が出ているそうです。







あわせて読みたい記事