近所の川でウーパールーパー滋賀県大津市の小学生が発見


2016年の夏に滋賀県大津に住む小学校5年生の男の子が家族らと近くの川で遊んでいたところ水中でウーパールーパーを発見しました。すぐに連絡を受けた滋賀県立琵琶湖博物館の学芸員が確認して証明しました。
もちろん滋賀県内の水域でウーパールーパーが確認されたのははじめてでした。


出典:京都新聞

その愛くるしい表情からウーパールーパーという呼称で親しまれているが、メキシコ原産のトラフサンショウウオ科の水生生物でメキシコサラマンダーという。

この川で見つかった個体は近くでペットとして飼われていたものが放流したものと予測されますが、外来種の放流は生態系に影響を及ぼしてしまうこともあるのでペットは野外に放さないでと関係者は注意を呼びかけています。







あわせて読みたい記事