最重要保護生物「トウキョウサンショウウオ」大生息地 東金市内で新たに発見

放置すれば近々絶滅するといわれ千葉県内のレッドデータブックで最重要保護生物に指定されている「トウキョウサンショウウオ」の大きな生息地が東金市内で新たに見つかった。

平野部の稲作地帯農業水路に約100メートルの範囲内に少なくとも50匹がいることが判明しました。保全指定地域以外の場所で一度に数十匹が見つかるのは稀なことだそうで、県内でも有数になり得るほどの非常に貴重な生息地になる。


出典:千葉日報

トウキョウサンショウウオは群馬県を除く関東地方と福島県相馬地方に分布する日本固有種。

国の指定する絶滅危惧種に加えこういった地域単位での生物保護をしているのは非常にいい取り組みだと思う。今後も
ぜひ続けていってほしい。

あわせて読みたい記事