うっかり大型の電気ウナギを食べてしまい感電したワニ映像南アメリカのアマゾン川

アマゾン川!?オリノコ川で釣りをしていた人に掛かった電気ウナギを追いかけてやってきたのは1匹のワニ。

まだ体は小さなワニであったがその鋭い歯と口で電気ウナギに噛みついてしばらくすると、身体がピクピク、けいれんを起こしたようになってしまいました。


出典:Youtube

アマゾンなどでは最大の捕食者であるワニも、食べた相手が悪ければこうなってしまうのである。

電気ウナギは、大きいものは2.5mくらいまで成長し、全身の4/5に上る筋肉の細胞が「発電板」という恐ろしい生き物えあり、人への影響も数多く報告されているほどなので、さずがのワニも運が悪かったとしか言いようがありませんね。







あわせて読みたい記事