野生絶滅種のクニマスの卵は外来種のヨーロッパウナギが食べている可能性



山梨県富士河口湖町の西湖湖のクニマスの産卵場で卵を食べるヨーロッパウナギ
出典:朝日新聞デジタル

山梨県富士河口湖町の西湖だけに生息するクニマスの卵が、外来種のヨーロッパウナギに食べられている可能性の高いことが2019年、3月20日にわかった。

同県の県水産技術センターの研究で明らかになった。

クニマスは、一度は絶滅したとされていた魚で、秋田県の田沢湖に生息。約70年前に絶滅したとされていたが、2010年に西湖で確認。毎年10月下旬~2月下旬が産卵期と思われ産卵場を特定し観察、研究が行われていたときに発見された。

今後の対応が考えられる。







あわせて読みたい記事