絶滅危惧種タウナギが雨後の泥の中からニョロニョロどこからやってきたのか!?



出典: 沖縄タイムス+

今月のはじめに沖縄県中部で絶滅危惧種の淡水魚タウナギが見つかった。

日本国内では近畿地方をはじめとする各地の水田地帯に局所的に分布している。 ただし、琉球列島の一部に生息している個体群は近年の研究によって、在来の個体群であることが確認されている。
出典: Monsters Pro Shop

今回見つかった場所は、近くの新里尚也さんが経営する学童「大空子どもくらぶ」の庭先だった。

その前の日には雨が降っていたといい、庭先の溝が泥でぬかるんでいたため、1日の朝から掃除を開始。昼すぎ、泥の中でにょろにょろと何かが動いているのに気付いたそう。

どこからきたのか?







あわせて読みたい記事