外敵を退治目的!?名古屋城の外堀に全長約140cmの巨大アリゲーターガー



出典: 時事ドットコムニュース

昨年の今頃、名古屋城の外堀に以前からいることが確認されていた大型の外来肉食魚アリゲーターガーが捕獲された。
以前から二匹の存在が確認されており、その中の1匹がこのとき捕獲された。

駆除作戦はなごや生物多様性センターの主導のもと、ボランティアの人たちも参加してアジを餌にした罠を仕掛けてその仕掛けに掛かったらしい。

捕獲時は4人がかりで網で包囲して引き上げまでに約1時間が掛かったそうです。

お城に入る外敵をシャットダウンするために掘られた外堀ではあるが水の中を張ってくる侵入者をこのアリゲーターガーが攻撃してくれるなら頼もしいけど、もうここはただの観光地。お堀のコイなどの在来種を食い散らかすようであればそれは困りもの。

いやしかし、淡水魚でも「アジを餌に仕掛け」か~。なるほど人間も魚もみんなアジが大好きだんだね~。
やっぱり大型魚を狙うなら、アジの泳がせ釣りは最強だな。







あわせて読みたい記事