停電によりイワシ3000匹全滅千葉県九十九里いわし資料館



出典: 毎日新聞

千葉県九十九里にある名物資料館「いわし資料館」が22日ごろ、台風15号の影響で停電したため同館内の水槽にいいるマイワシ約3000匹が全滅しました。停電により水槽内に酸素を送るポンプが停止し酸欠状態に陥った。

最初は疑ったが、もちろん同館にも自家発電装置が設置されており、職員がいない未明のことであったため職員が出勤してきた時間帯には間に合わず死なせてしまったらしい。

スタッフがいない時間があるのならば、停電して電力供給がされなくなった時点で自動で自家発電装置になるようなシステムはないのか?できないのか?なぜそうしていなかったのか?いささ疑問。

あわせて読みたい記事