クロマグロの稚魚、最後の1匹も死ぬ完全養殖大失敗!青森県浅虫水族館にもう辞めとけ!の声続出

完全養殖クロマグロ画像
出典: RAB青森放送

青森県の浅虫水族館で行われていた日本初のクロマグロの完全養殖実験に使われていた最後のクロマグロの稚魚1匹が死んでいるのが確認されました。

クロマグロの姿は一般公開が予定されていたものの、8月に3000匹の稚魚が運び込まれたが8月11日の段階でほとんどが死に9月6日からは1匹のみとなっていたらしい。

同水族館の館長は

「残念な結果になってしまったんですけど、この経験をいかしてまた機会があれば完全養殖のクロマグロの飼育に挑戦してみたい」

はぁ~、機会があればって・・・・
そんな中途半端なもので達成なんて不可能だろうよ!

ちゃんと事前に勉強して取り組んでいたのかも疑問だし、熱意が感じられない。そんなものじゃ成功するはずがない!

どうせ殺してしまうならば、辞めていただきたいものだ。

======
飼育に再チャレンジする前に、なぜ全滅したのかをはっきりさせて、しっかり対策をした上でやって欲しい。

あれだけの稚魚死なせておいて、また飼育にチャレンジしたいって今の時点で言う神経がわからない。養殖場じゃなくて水族館なのに。

大虐殺完遂させましたね!マグロにとっては、アウシュビッツに等しい!

厳しい見方をすれば3000匹弱のマグロをすべて殺したという事。マグロの養殖は既に成功しているのだから。原因も究明せずに、「またやりたい」というような奴らに水族館を運営する資格はない。

自然にチャレンジするのと同じ。難しい。何か 劇的に変わる要因があるなら 早くそれが解明される事を祈ります。それにしても おチビちゃん、独りきりで 良く 頑張ったね!

なんか理由があるんだろう。次はもう少し少数からチャレンジ。2900匹はさすがに多いような。

ストレスではないかと思う。

孵化した時の水じゃないと稚魚の内は駄目とか?後は、明るさ位だよね・・・・

クロマグロにはもっともっと広い空間が必要なんだと思う。

大分からの移動からのニュースも見た。丁寧に輸送していた。こんな結果になるとは、難しいもんなんだなと思いました。







あわせて読みたい記事