ウシマンボウは卵巣だけで100キロ超え!3億個の卵のウソホント!


マンボウ画像
台湾で漁獲された117kgの卵巣を持つ1380kgのウシマンボウ
出典: with news

子供から大人まで水族館や海の生き物図鑑で大人気のマンボウですが、その愛らしい風貌で身近に思えるマンボウも実はその生態については、詳しいことが分かっていません。

特に繁殖や産卵については未知のまま。まだまだ謎の多い魚の一つとして数えられています。
上の写真にあるウシマンボウはマンボウとは近縁種ですがマンボウとは異なり巨大化する種類だそうです。

1996年千葉県鴨川市沖で漁獲された2300kgキロのギネス世界記録の「世界最重量硬骨魚」に認定されているウシマンボウ。
出典: 朝日新聞デジタル

これまでに稚魚が確認されたこともありますが、産卵後どのように孵化しそこからどのように外敵から身を守り、そこまでの巨体になるまで育つことができるのかナゾだらけなのです。

どこで産卵しているのかさえもわかっていません。

「マンボウは1度に3億個の卵を産むが、成魚になれるのは2匹くらい」という説

もありますが、研究が進んでいないので実際には何もわかっていないそうです。

日本でも写真の台湾でも一部の地域で漁獲されたマンボウは食用として流通されます。







あわせて読みたい記事