熱帯魚!?いやヒラメだ!汽水域の静岡県那賀川


黄金ヒラメ
出典:静岡新聞

静岡県賀茂郡にある松崎町の那賀川河口付近で昨日28日に近くに住む60歳の男性が川を這うように泳ぐ黄金色の魚体を発見した。那賀川にかかるときわ橋を自転車で通行中に偶然発見。

しばらく上からのぞいてみているとその泳ぐ姿形でヒラメだと認識、すぐに近くの友人に相談して借りてきた網を持って川に入ったそうです。逃げ回るヒラメと約20分ほど各トスした後ようやく捕獲。

県内の下田海中水族館に鑑別してもらったところ「稀にみる極めて少ない確率で発生する色素異常」であるととのこと。
捕獲された黄色のヒラメは11月上旬ごろから同水族館で展示する。

ヒラメであるからして食べられる高級魚の一種だから、たまにニュースで見る黄金魚と同じく幸運をもたらすとか言われていたとしても食べたくなる気持ちもあるけれど、こういった異常現象になってしまった個体は人間は食べないほうがいいと思う。少しでも大勢のひとに見てもらいシアワセをあやかりたい。

にしても、網で捕獲したとかいうのはw…ちょっと気が引ける、このヒラメにも長生きしてもらいたい!

======
ヒラメが川にいたのですね。汽水域だと思うが、それも珍しい。目立つ体で幼魚の間に大型魚に捕食されることなく、よくここまで成長できたと感心する。この方が網で捕獲できたことも驚き。水族館で大事に展示して欲しいですね。

うん、展示するのがいいよ。こういうのは食べない方がいいと思う。

写真ではこのまま三枚おろしにされるのかと思った…。色素が薄いだけでアルビノではないのかな?展示見てみたい。

展示はいいけど、このヒラメかなりダメージ受けてないかね? 写真撮るのに随分長い時間水中から出してたっぽいし、状況からして素手で触り放題やってそう。魚は素手で触ると火傷と同じダメージ受けるっていうし。長生きしてくれますように。

こういった魚を釣り上げてその後どんな幸運が来たのか?
非常に気になります。水族館に見に行きたくなりますね

展示するのはいいけれど、早いうちに自然に返して下さい

色素異常というだけで目立って捕まえられるなんて、ちょっと可哀想な気もする

あわせて読みたい記事