体長1メートル越えのオオウナギ捕まる宇和島岩松川愛媛県

オオウナギ画像
出典: 南海放送

先月30日の朝に愛媛県宇和島の岩松川でカニ籠漁の網籠のなか、愛媛県が天然記念物に指定しているオオウナギが発見されました。体長1.1メートル、重さ6.8キロ、胴回りは40センチ。

岩松川では、昭和32年に体長1メートル56センチのオオウナギが発見されたこともありますが、大型の個体が発見されるのは非常に稀なことで、はっきりとした記録もなく事例としては平成5年以来26年ぶりのことだったそうです。

カニ漁のかごを仕掛けた地元の会社員廣瀨孝賢さんいわく、「最初はナマズかと思った」そうだがどうも違うと市に連絡。市が専門家に鑑定を依頼してオオウナギと確認されました。

このオオウナギは約3時間後に岩松川のもとに放されました。







あわせて読みたい記事