絶滅危惧種ノコギリエイの口先を電動のこで切断!米フロリダ州


出典: CNN

ノコギリエイ(現地名:スモールトゥース・ソーフィッシュ)の口先を電動ノコで切断して死なせたとして、アメリカフロリダ州の男が逮捕された。

ボートの上で電動のこぎりを使ってノコギリエイの口先を切り落としているところを目撃された・・・・・。

何のためにやったのか?本当にナゾの多い事件だ。常軌を逸脱している!

米海洋大気局(NOAA)の調査によると、ノコギリエイの個体数はここ数年で激減しており、アメリカでは2003年から絶滅危惧種に指定されており、捕獲はもちろん傷つけたり殺したりすることは禁止されている。

量刑は1年以下の禁錮と5万ドル(約540万円)以下の罰金。けっこう重い。

日本でも猫や犬を簡単に動物虐待することへの罰則を強化すべきだという声が多く上がっています。
======
虐待に対して厳しいのかな。
猫の虐待なんて事件を聞くと、もっと日本も厳しくした方が良いと思う事があります。

シーシェパードの出番だな。
クジラはだめでノコギリエイは殺しても良いんだな?

安易に動物虐待する人は 厳しくすれば良い。日本も もっと 見習わないとダメ。罰金も 大きく、刑罰も重くしないと なくならない。

日本も動物虐待に対して重い罰を下すべきだと思う。日本は甘すぎる

神経が集中している、敏感な場所。生きたまま切られたらかなりの痛みだったのでは…

こやつのイチモツものこぎりで切っちゃってください。







あわせて読みたい記事