資源保護のため50年続くタカアシガニの放流静岡県沼津市

今月の15日に静岡県沼津市の戸田(へだ)の駿河湾の沖合でタカアシガニの放流がされました。同県でのタカアシガニの放流は海洋資源保護のために約50年ほど前から実施されています。

タカアシガニは世界最大のカニで年々その数を減らしている。今回放流されたのは65匹!?放流ってその数では少ないのではと一瞬思ったが、それにはワケがある。


出典:毎日新聞

放流しているのは、底引き網漁で漁獲されたタカアシガニのう子どもや雌など。どうやら卵を孵して育てたものを海に戻すのではないようだが、数は少なくとも資源確保のためには素晴らしい取り組みだと思う。

50年前に放流をじはじめた地元の食堂を経営する中島茂司(しげじ)顧問86歳は「自分たちはカニを食って育った。孫にも食わせられるようにと放流をはじめた」といいます。

5月15日~9月中旬まではタカアシガニ漁は禁漁期間に入ります。







あわせて読みたい記事