体長1メートル「まるで潜水艦」巨大すぎる鯉が話題大分県庄手川

大分県の日田市にある庄手川でコイ釣りをしていた男性が体長1メートル、重さ12キロの巨大なコイを釣り上げました。

釣り上げたのは釣り歴2年ほどの日田市庄手の星野隆好さん65歳。掛かった瞬間に大物とわかりラインが切られないよう、時間をかけてゆっくりと岸まで寄せてランディングに成功。


周りのコイと比べると一回り大きいことがわかる
出典:西日本新聞

星野さんの友人であり鯉好きの森山さん宅の池に放すために、森山さんにプレゼントされました。

貰い受けた森山さんもこれまでもらった鯉との大きさの違いに「ひときわ目立つ、まるで潜水艦のよう」と話しています。

これだけ大きな鯉だと、思い切り強い引きが味わえそうで、かなり興奮したでしょう。こういうの一度釣ってしまうと釣りがもっとやめられなくなる!







あわせて読みたい記事