池で釣りをしていたら60cmのワニガメが釣れる!新潟県小千谷市

新潟県小千谷市内の高梨町にある池で釣竿にエサをつけて釣りをしていらなんと体長が60cmもある大きなワニガメが釣れた。

小千谷の警察に連絡して、駆けつけた同署員が捕獲して同署で飼い主や引き取り先が見つかるまで保護している。

これだけ大きい個体だと相当、釣り上げたときに重かっただろうと予想がつきます。


出典:

ワニガメはカミツキガメと混同されやすいが、それよりも大型になりさらに凶暴。噛む力が強く、人に危害を加える恐れがあるとして動物愛護管理法で「特定動物」に指定。ペットとしての飼育、保管は禁止されています。

飼育するにしても主食は小魚とされており、飼うのにも手間とお金が掛かるが…、中途半端に飼育してこうして外来種を池に放すのはあまりにも無責任すぎる!

=====ネットの声
釣ったオッサン凄いな。引きは想像を絶する強さだっただろうに。

ペット飼育できないのに、なぜ個人に売却するの?買う方も好奇心だろうが、売る方に問題があるわ。輸入した時点で経路を辿れるようなシステムにしないから、あちこちにわけのわからん動物が増えるわけ。大阪城の濠にアリゲータガーがいるってニュースがあった時、無責任な人が多いと思ったんや。動物園以外で、危険動物が見れるってどういうこと?

ペットで飼育は禁止?!&輸入禁止&ペットショップで販売禁止が先です。海外からの生き物の輸入は責任が持てる、動物園や水族館で個人などは禁止にすべき!

今は規制されてういるでしょうけど、昔はペットショップでワニガメの子供をたくさん売っていましたから、いても不思議じゃない。知人宅でも飼っていたけど「映画ガメラのモデルになった亀だ」と自慢していました。肉しか食べないとか?水から出すとシャーシャーと威嚇して、歩くのも早かったな。それもどこかに行っちゃったらしいけど。ワニガメに罪はない。異国に連れてこられて厄介者にされて可哀そうだ。

カミツキガメやワニガメなどの輸入販売は30年以上前からあったから急に飼育禁止になり捨てたと思われる。このサイズに子ガメから育てるのは長くかかると思われるので行政もただ禁止でなく届け出とか飼育者がわかりやすく出来る様にアピールしなければ捨てる人が減らないと思う。

6月に法律が変わって飼うことが違法になるから池に捨てたか?それとも、もっと前に捨てたか?どちらにせよ、「捨てる」のではなく「保健所に相談」とか、別の手段をとって欲しい。

ワニガメは噛まれたら指がちぎられるからうかつに水辺で遊ぶのは危険。さらに成長したワニガメは原産国でも天敵はワニとオオカミのみ。日本にはそんな動物いないから、生態系の心配もある。外来の生物はそれも考えて飼わないと。

同署は飼い主や引き取り先が見つかるまで保護する。って飼い主が違法に捨てたのですから、飼い主が見つかり次第書類送検で引き取り先は個人ではなく動物園等しかないですよね?







あわせて読みたい記事