名産「江戸前のり」の激減、その理由はクロダイ(チヌ)!?千葉県富津港

ここ数年、年を追うごとに不漁がつづいている千葉県特産の「江戸前のり」が激減している原因がなんとここ数年の間に増加傾向にあるといわれているクロダイ。関西方面で言うチヌです。

予想はしていたものの今回、原因をはっきりとするためにのり場に水中カメラを設置したところ無数のクロダイ(チヌ)がのりを捕食していること様子が映像に捉えられました。それを見たのり養殖業者の方は「まるでクロダイ(チヌ)の養殖場のようだ」とまで感じたそうです。


出典:日テレNEWS24

そこで対策のために検討されたのが、まず食べちゃおう!という事でした。
近くのレストランでフライにして自家製タルタルソースとともにクロワッサンサンドにして提供中

クロダイ(チヌ)は刺身から、カルパッチョにもちろん唐揚げや煮つけ、ムニエルにしてもさまざまな料理で美味しくなる食材です。

これにはのり漁師は美味しいのりとクロダイ(チヌ)の二本柱としてやっていけたら助かると取り組みに期待しています。

そう言えばツーリングで寄った富津にあるニコニコドライブインでクロダイ定食あったような気がする。

けどもっと手っ取り早く感じるのが、クロダイ(チヌ)は釣り好きの中では格好のターゲット!釣りたい人に釣らせたらいいのではないかというのが率直の意見です。 釣り人に釣らせてあげればいいのに。喜んで釣ると思います。釣り船用意してお金も頂戴したりすれば天敵もいなくなってお金も増やせて一石二鳥です。

流行中のチヌ(クロダイ)のルアー釣り「チニング」大全集▼







あわせて読みたい記事