市街地の小型河川にサケが迷い込む京都府舞鶴

京都府舞鶴市のJR東舞鶴駅近くを流れる川幅が約3~6メートル、水深約40センチほどの小型の河川である寺川でサケが遡上して来て注目を集めています。

この川でサケが確認されるのははじめてのことで、確認できた2匹はオスと見られ、オスだけでは産卵できないことから迷い込んでしまった可能性が高いとされています。


出典:京都新聞

舞鶴水産実験所の職員によると、福井県の川で生まれたサケが、河川整備などの環境変化で舞鶴に来た可能性があると予測しています。

=====ネットの反応
迷い込む可能性があるから、多分昔は遡上があったはず。発眼卵放流をして新たな地方の名物にするとか、

熊本の天草でも同じ事が起きてます。何かの予兆じゃない事を願う。

そこら中の川で遡上してるから、気が付かなかっただけな気がする

渋谷に行くつもりが日比谷に

間違えた形か。新たな生息箇所開拓するには至らずかな?

でもメスも上ってこないと繁殖はできないか







あわせて読みたい記事