京都左京区丸沢池で”鯉揚げ”食用鯉の出荷はじまる


出典:毎日新聞

京都左京区の丸沢池で”鯉揚げ”とよばれるこの町の風物詩が最盛期を迎えます、水が抜かれた池から丸々と太った鯉を漁師が網ですくって船に乗せて大きさでサイズごとに仕分けされ食用鯉として出荷されます。

春に放流した稚魚約1000匹の鯉の稚魚は体長約40センチに育ち、その重さは1~1.5キロほど。

例年12月に行われるこの行事は、たった半年余りで大きく成長する鯉の生命力も感じさせるイベントです。

中には鵜などの水鳥達のエサになる稚魚もいますが、約600匹~800匹の鯉が毎年水揚げされるということです。

あわせて読みたい記事