大きさ10センチほどのヒラメの稚魚を放流&出荷される石川県



出典: 北國新聞

石川県のかほく日角海岸で、近くの幼稚園児(はまなす、ひまわり各こども園)の手によって、ヒラメの稚魚が放流されました。
ヒラメの稚魚は体長が10cmほどのもので、これらは石川県の水産総合センター志賀事業所内で養殖されたもの。

県内の漁協を通じ、合わせて21万5千匹の出荷がされ、近隣の海岸へ放流されるという、このあたりのフラットフィッシュ狙いの釣り人にとっては何ともうらうやましい限り。

このあたりのサーフでは、ルアー投げたら普通にヒラメが釣れそうだけど、どうなんだろ?
もしかしたら、稚魚を放流するくらいなので遊漁券とか、許可がないとできないのかな?どっちにしてもうらやましい環境なことは間違いなさそう。







あわせて読みたい記事