ウナギの養殖場で火災、3000匹神戸市



出典: ABCニュース

神戸市西区にあるウナギ養殖場「神戸養鰻」で火事があり、来月に控えた土用の丑の日を前に、その日を目標に出荷予定だった3000匹のウナギが死にました。

出火原因は水温を保つために備えられていたヒーターから火が出たと推測されています。

人による人的災害は起きておりませんが、なんとか生き残った残りの7000匹のウナギも灰をかぶっている可能性があり商品として出荷はしないということ、料理人見習の練習用や、幼稚園小学校への教材として提供をすることを考えているらしい。偉い!!

病気にかかっていると知りながらも若鳥を売りさばいて問題になった宮崎のどこかの養鶏場とは大違いだ!

なんとかして立て直してもらいたい!ぜひ応援している。







あわせて読みたい記事