中3男子が都市河川でメーター越えのアカメ釣りあげる高知神田川


アカメ釣り画像
出典: 朝日新聞デジタル

高知県で中学3年生の15歳の男の子があの巨大魚として日本のモンスターハンターの的となっているアカメを釣りあげました!

高知のアカメといえば四万十川が有名なスポットであるが、今回この中3の男子が釣りあげたのはなんと市内の住宅街を流れる都市河川の一部だった。

写真をみれば違いがわかる、水質のせいだろう若干鯉に近い体色をしており茶色がかっている。普通のアカメはシルバー色強くシマアジの老成魚の通称オオカミにも似ている。

巨大魚は釣り人にとって永遠の憧れ。この少年の写真のポーズも見てほしい。もう立派なモンスターハンターだ!
写真の撮影の仕方をよく知っている!

少年にとってメインフィールドになっている神田川(こうだがわ)にひとりで出向き、ミミズでウグイを釣って、そのウグイを泳がせで仕留めた。

狙いは定まらず2時間経過しても何の反応もなく、もう帰宅しようとした夕方を迎えた時間帯にアタリが来たという。







あわせて読みたい記事