音を鳴らすゴカイがいることが判明!これはラトル入りルアーの原点か!

京都大学を中心にした和歌山県の串本市の海中公園らの海洋生物の研究チームらが、海水に生息するゴカイの一種である「キムラハナカゴオトヒメゴカイ」が音を鳴らすことを発見しました。

その音は人間が指を鳴らすぐらいの音量だといい、音が伝わりやすい水中ではかなり広範囲にアピールすることが可能だと思われます。

音を鳴らすゴカイ
出典:FNN PRIME

研究に用いられたゴカイは体長が2センチほどの小さなものだが、”飼育中に変な音がする”ことに気づいた京大教授らが、水中にマイクを入れて確かめると・・・

水中マイクで録音を試みたところ、口から音を鳴らしていることがわかった。縄張り争いで口を寄せ合う習性があり、その際に音を出しているという。

縄張り争いでの音慣らしなら、釣り餌として音を鳴らしてくれる可能性は低く、アピールの強い生き餌として使用はやっぱり無理かもなぁ~







あわせて読みたい記事