自分よりデカい!小学生が170cmのソデイカ捕獲沖縄

沖縄県本部町の小学生の仲田天授君が、瀬底島西側海岸のリーフで頭から触手までを伸ばすと170cmにもなるソデイカを捕獲した。

ここは昔から琉球列島の一部、沖縄諸島に属する東シナ海の無人島を意味する通称「アタフジ」と呼ばれる島。

最小はビニールゴミかと思って近づいたら、見たことのない大きさのイカでビックリしたという。


出典:沖縄タイムス

この小学生と祖父やいとこと3人で釣りをしている最中に潮の引いたリーフの水たまりで見つけたそうです。

小学生の身長は157cm、自分よりも大きいイカを見つけたことで本人もビックリ!こんなに大きいものを量るハカリがなかったので、イカの重量は不明だけど、祖父の手伝いで時々持つことがある農家の20キロ入りの肥料袋よりも重く感じたそうです。かなり重たいのかと想像できます。

イカは持ち帰って食べたそうです。

======ネットの反応

イカ飯だったら何合入るんだろう…。いとこといい思い出ができたね。

変な御託を並べて海へ返すのではなく、きちんと食べたので、幸せな気持ちになる記事。技術の力を集めた漁船なら、漁業資源とか生態系とか漁業権とかに配慮するのはわかる。しかし、何の力も無い歩行者が自然の恵みを得たのなら、面倒なことを言わずにありがたく食卓に並べるのが正しい

充分に大物だけど海にはもっと大きいのがゴロゴロ居るんだろうな反対に釣り人の方が引きずり込まれそうで怖い

でかいイカだね〜島根の隠岐の島とか、鳥取の海岸でもあることだけと、こんなビッグサイズ見た事ないわ!

沖縄にソデイカいるの知らなかった。日本海名物かと思ってました。コブシメといいソデイカといい、夢があるな。
しかし、イケメンだな

釣ったのかと思いきや拾ったんかーい!!最近コロナでギスギスした記事が多かったから和ごんだ
天授くん、良い名前だね ご両親の愛情が感じられる

ソデイカって、アカイカのことだけど、このイカは固くてあまりうまくないから、大量に取れても安いんだよね。
だけど、漁したてだと美味しいんだろうなあ!やっぱり、鮮度が違うんだろうな!!いい経験してよかったね!

デカい!!沖縄はやはりGTといいタマンといい釣り人なら一度は行きたいモンスターの宝庫、憧れる!!

釣りをしていたら時々サプライズ的なものが釣れたりする事はあるけど、これは正直うらやましい!

『天からの授かりもの』で『天授』さん。
親御さんの愛情がわかるいいお名前ですね。
イカも天からの授かり物だったかな?







あわせて読みたい記事