食用にされるイカの中で最大級!疑似餌で釣るソデイカのこと

大きな個体をしたイカはダイオウイカなど数知れど、実際に食用にされるイカの中でも最大級のイカをご存じでしょうか?図鑑などで見ることはあっても紙面上ではほかの近縁種のイカと大きさが変わらないように見えるが実は、長さは80センチ以上になり重さは20キロを超える日本国内で食用に用いられるイカの中では最大級の大きさ。


出典:dancyu

鳥取県の岩美町などの一部地方では、ソデイカはその体色からアカイカと呼ばれ、地元では釣りで漁獲するらしいです。

イカヅノと呼ばれる、長さが30cm弱もある棒に白い布を巻き付けているまるできりたんぽのような大きな疑似餌で釣る。
布を巻いているのはソデイカが巻き付きやすくするためだそうです。このあたりは通常のエギングのエギにも似ています。


出典:村中金属

そしてその大きな個体の美味しさはというと、もともとその見た目から大味だという人もいるがイカ特有の淡白な美味しさと、噛むほどに旨味が増すしこしことした食感も、十分に持っており、中華料理などに頻繁に用いられる肉厚の紋甲イカの代用品としても世に出回っているので食べたことある人も多いのかもしれない。

=====ネットの反応
これからの日本海は荒れる日が多くなり、浜に赤イカが打ち上げられるらしいです。地元のオバサンが包丁持って解体して持ち帰るそうです。

一度冷凍して解凍してから食べると柔らかいです。美味しいし結構な値段ですよ。

ソデイカは冷凍しないと美味しくない不思議なイカですね。山陰ではケンサキイカをシロイカと言ったりアカイカと言ったりするので紛らわしくてしょうがない。

長崎県の平戸では堤防からたまに釣れます。大抵つがいで居るのでオスメス釣れたりします。青物みたいにぐんぐん引くので掛かると楽しいですが、正直アンモニア臭くて美味しくはないと思います。

こんなの持って帰ってどーすんだってくらいデカい

いかめしとか、イカリングを見てみたい。







あわせて読みたい記事