今月初めに起きた姫路の釣り人刺傷事件で考える夜釣り



出典:サンテレニュース

今月1日に起きた姫路市白浜にある漁港で釣りをしていた50代男性が胸を刺された事件。

前日から釣りをしにやってきていたところ深夜の0時ごろに刺され、犯人はそのまま携帯電話などを奪って逃げたらしい。
胸など数カ所を刺され重傷
その後逮捕されたかどうかはわからないが、怖すぎるだろう!

前にもあったな堤防で釣りしてたら突然、後ろから若い男二人組に突き落とされた事件。死んだんだっけか?よく覚えてないけどどっちにしても釣りしている本人からしたらありがた迷惑だ。

こんな、ろくに好きな釣りもできやしない世の中になってしまったのか。

釣りに集中してりゃ、そりゃ突き落とされたり、背後まで人が近づいてきてもわからないのが本音だろう。

しかもそんな身の危険を感じながら釣りなんてしやしない、海に落ちたらどうしようという不安じゃなくて
「誰かにからまれたり、襲われたらどうしよう?!」
釣りに集中できるわけがない!

釣り場に行く最中に、道路では車に引き殺されそうになったことは何度もあるけど(笑)

あわせて読みたい記事