中学1年生が体長95センチ、7キロのサバヒー釣りあげる沖縄を釣った中本邦明さん=5月30日 拡大する那覇一文字


出典: 沖縄タイムス

沖縄県の夜釣りでミーバイがヒットする打ち込みポイントとして名高い佐敷海岸にある漁港の堤防外海側で地元の中学生が体長95センチ、重さ約7キロのサバヒーを釣り上げた。

帽子をかぶった男の子のこの大人のベテランアングラーも顔負けの堂々とした表情(笑)
何気にどや顔だ!

サバヒー、あまり聞きなれない魚だが、海外では身がものすごく真っ白で淡白な白身のためミルクフィッシュと呼ばれている。

一見、外観からするとその癖のない白身ゆえに台湾料理ではスープにされる。

持ち帰ってフライにしたら美味かったという。







あわせて読みたい記事