岸から10メートルまで近づくイルカの群れ京都市宮津市

17日の夕方16時頃に、京都市の宮津市の市街地にほぼほぼ近い海岸沿いで6頭ほどのイルカの群れが泳いでいる姿が確認されました。京都の海洋センターによるといつも春になるとカタクチイワシを追って近くまえ来たことはあるが、こんな湾奥まではいりこんでくることははじめてのことだそうです。


出典:京都新聞

岸には近隣の見物客が押し寄せ、時折岸から10メートルほどのまで近づいてきて、顔を出したりジャンプしたりして見ている人々の中で歓声があがっていました。

あわせて読みたい記事