日本近海のシャチがPCB汚染で大打撃



北海道・知床半島の羅臼沖で泳ぐシャチ
出典:https://this.kiji.is/>共同通信

国際法で世界的にも規制されているPCB(ポリ塩化ビフェニール)の海洋汚染が日本近海でも発見されており、デンマークのオーフス大学の研究結果によると日本近海などであと100年後にはシャチが絶滅するおの発表がなされました。

なぜシャチなのかというと“世界の海に生息し、食物連鎖の頂点にいるため汚染物質が蓄積しやすい”らしい。

同大学はさらに「今後50、60年の間に数が反滅する海域が出かねない」とも語る。

1970年に採択されたPCB(ポリ塩化ビフェニール)の規制では、世界中で製造も輸入も禁止されている。それほど毒性が高い物質だからだが、なぜ?そんな前から規制されていたものが今でも海に垂れ流しなのか?そこが知りたい。

あわせて読みたい記事