売買目的で飼育されていた!?イルカの監獄を摘発ロシア


出典: BBCNEWS Japan

以前にも取り上げたことのあるロシアの通称「イルカの監獄」。そこにいたイルカやシャチが開放することを開始。

今回のは新たに発見した場所のもの。以前極東ナホトカのオホーツク海で飼育されていたことがある。

驚くのは今回はロシア側の日本海で飼育されていたこと。

これらのイルカやシャチは中国などに売買される目的で飼育されていた。その数は100頭。
シャチ1頭の値段は、おおよそ1億ドル(約100億円)ほどの高値が付くこともあるという。

劣悪な小さないけすで飼われており、少なくとも4頭のイルカが死んだと思われ、そのほかいの皮膚病など病気のものもいる。それらのすべて違法に捕獲されたものだ。

根元の組織をとっつかまえない限りただのイタチごっこだ。海の生き物たちが人間の勝手な金儲けだけで命をさらされるのは到底容認できる話ではない。

こういうときこそ、シーシェパードは気がつかなかったのか?

何をしてたんだろ?







あわせて読みたい記事