キビナゴを追いかけてやってきたきれいな水中のアオリイカの群れ高知県柏島

アオリイカ画像
出典: 読売新聞オンライン

高知県大月町に属する柏島では、2001年からある取り組みを行っています。

ヒノキの間伐材を海底に沈めて産卵床を海岸沿いの水中につくるなど、アオリイカの資源保護が積極的に行われています。NPO法人黒潮実感センターの呼びかけから18年前からはじまったこの取り組み。

アオリイカは春に産卵時期を迎え、秋には越冬するために蓄えとしてエサをたくさん食べて冬になると深場へ移動します。

上の写真は水深1~2メートルの浅場をスイスイと泳ぐアオリイカとともに日光を差し込みキラキラと輝くきれない水が移っています。この撮影時に近くにキビナゴの群れが接岸していたそうで、それらエサを追い求めてやってきたそうです。

とてもキレイな水色で透明感が伺え、幻想的な一枚です。







あわせて読みたい記事