6月に入りスルメイカ漁が昨年の倍以上に!石川県

年々捕れる量が減っている漁業の中で石川県沿岸のスルメイカ漁が6月に入ってから急激に水揚げ量が増えて市場が活気づいています。

例年通り、5月にはじまった地元のスルメイカ漁もここ1ケ月では前年対比で大きく下回り今年は不漁とも言われていた時だっただけに嬉しい声があがっています。


出典:石川テレビ

6月に入ってからは好調続きで、一箱4キロ入りのケースが4000ケースも出荷される日もあり、県漁協かなざわ総合市場によると、県内6つの港で水揚げされたスルメイカは6月4日の時点で今シーズン最高となる152トンを記録しました。







あわせて読みたい記事