ショアラバに適したリールの種類と条件。実は外せない決定的スペックとは


ショアラバ・リール・条件

出典:Youtube


大好きな鯛ラバも今年はショアラバで頑張ろうかなと考えてます。そこでロッドはショアジギング用でいいとして問題はリール。

で本題のリールに話を戻す。私はよく釣りのことをこうして記事にするとき、リールのことを伝えるときに必ず言っていることがある。

リールはロッドよりも大事!」ということは幾度となくいっている。

必ずと言っていいほど釣りを始めるときはみんなならロッドから探すだろうが私は違う。ロッドは10,000円前後の廉価版で揃え、リールは25,000円~40,000円くらいのミドルクラスを購入する。

なぜか?

ロッドはまだ、安いものでもなんとか自分のテクニックでカバーできる。

では真鯛を相手にするショアラバのリールではどうだろう?

これにはすべての釣りに応用できるリールの基本概念が関係している。
このあたりも踏まえながらショアラバで使うリールに必要なスペックを紹介します。




ショアラバに敵したリールの最低条件

ショアラバ・リール
最低でも20g~60gの比較的重たいタイラバヘッドを用いて、それをフルキャストして飛ばし、遠く彼方離れた場所から回収する。それなりのパワーが必要。ショアジギング用のスピニングがベスト。

番手はダイワなら3000番~4000番。シマノなら4000番~5000番がちょうどいい。

 

パワーのあるリールの見極め方

一言でパワーのあるロッドといっても、見つけるときに目安となるスペック上の数字がある。それは“ドラグ力”実用ドラグよりも最大ドラグで見比べるといい。有効なドラグ力が6kg~12kgくらいあれば安心して大鯛ともやりとりができる。

また、“自重”も目安となる。パワーを併せ持つと書いてあっても、そのほかのショアのリールとショアジギング用のリールでは同じ番手でも重たいのに気が付く。

それは剛性の強さからくる重さで、ミドルクラス以上のある程度の性能を持ったリールの重さは高剛性とパワーに比例している。

ショアラバに安いリールは不向き!

ショアラバ・リール
ロッドでは、10,000円、20,000円位の値幅であればさほど違いを感じないが、リールは価格と性能が比例しやすい。

一番高価なリールを買えとは言わなくても、5,000円のリールと20,000円以上のリールでは使い心地は異次元の世界だということを覚えておいてほしい。

3,000円とか5,000円クラスの安いリールでもメバリングやアジングであれば、パワーのないリールでもほぼ問題を感じることなく釣りができる。

が1.5kg以上の真鯛がざらに釣れるショアラバではハッキリと言っておくが、そのくらいの値段のリールでは掛けたあとのファイトができない。(経験済み)

大物がかかたっときほど、高価なリールと安物との違いがはっきり出てくる。
感度が違うのは愚か、とにかく最初から無駄に重たくてリーリングもスムーズではないし、なんせパワーが無く全くもって寄せてこれない。掛けた時点で負けてしまう。

ショアラバに適したリールの条件まとめ


●ダイワなら3000番~4000番。シマノなら4000番~5000番
●有効なドラグ力が6kg~12kg以上
●リールの重さは高剛性とパワーに比例
●リールは価格と性能が比例しやすい。激安リールは不向き


あわせて読みたい記事