これでキマリ!ショアラバおすすめリール ベスト13

ショアラバのようなショアの釣りでは
特にタックルの中で重要になってくるリール

何度もこのサイト内でいうと思うが
それには私個人の経験から「リールはロッドよりも高価なもの!」を
選ぶようにしていることが挙げられる。

ショアラバのようにキャスティングする釣りはもちろん
ロッドも大切だけだし、遠投能力や感度にも関わるが

大事なのは”魚が掛かってからの仕事”はリールに頑張ってもらわないといけない!
いくらロッドブランクスにパワーがあったとしても
しょぼいリールだとグイグイ寄せてこれない

そんなこんなで自分の独断と偏見で選んだショアラバでおすすめのリール紹介します。




ショアラバで使えるおすすめリール20

という理由でからロッドは前章で庶民的に手の届く廉価版~憧れの夢ロッドまでを選んでみたがリールについてはやはり性能重視で価格とのバランスで選びました。

そのなかで

16ナスキー 4000XG

ショアラバをこれからはじめる学生さんなどにお勧めしたいのが人気のナスキー

XG級の巻取りはトルクが必要なため滑らかに軽くとはいかないが、大物を釣った時の寄せてくるスピードは各段に上がる。体感するならこのようなビギナー向けからがおすすめ。

最大ドラグ(kg):11
ベアリング数(個):4/1
最大巻き上げ長(cm):99

フリームスLT4000D-C

シマノのビギナー向けがナスキーならダイワのビギナーから中級者向けはこちらフリームス

この価格ですでに軽量&タフを実現しているからすごい!

最大ドラグ(kg):12
ベアリング数:5/1
最大巻き上げ長(cm):82

18ストラディックSW 4000HG

来ました!遂にミドルクラスのリールで人気のスラディックから待望の「SW」

もう2万円越えのこれくらいのクラスだと上位クラスとあまり差がなくなる。

最大ドラグ(kg):11
ベアリング数:6/1
最大巻き上げ長(cm):93

15レブロス 3500

こちらもフリームスとならぶビギナー向けのおすすめリール
ショアラバで十分に使用可能。

ドラグがほかのリールより少なく感じるが真鯛相手のショアの釣りなら十分応えてくれるレベル

最大ドラグ(kg):6
ベアリング数:4/1
最大巻き上げ長(cm):83

バイオマスターSW 4000HG

シマノのオフショアのジギングなので人気のあるバイオマスター

もちろんショアラバでも必要性能十分。幅広い年齢層から支持を得ている人気のあるミドルクラスのリール

最大ドラグ(kg):11
ベアリング数:6/1
最大巻き上げ長(cm):93

カルディアLT3000-CXH

シマノのストラディックSWクラスの対抗馬としてダイワから選ぶとするなら
こちらがショアラバでおすすめのリールになる

この価格でこの性能はほぼ反則級!

特筆すべきはその軽さ!シマノでいう4000番クラスに匹敵する大きさで195gしかない。

最大ドラグ(kg):10
ベアリング数:6/1
最大巻き上げ長(cm):93

ツインパワー3000HGM

もう説明不要の大人気リール。ショアの釣りはシーバスからサーフのヒラメ、もちろんショアラバもこれ一つで全部カバーできる。

価格はそれなりのミドルクラス中の上という感じか。

これくらいの予算だとリールのパワーとともに巻き心地も滑らかなものが手に入れられる。

最初の一つとしてもある程度いいものを選びたいのならコレ一押し!

最大ドラグ(kg):9.0
ベアリング数:9/1
最大巻き上げ長(cm):85

セルテート3012

さまざまな魚種のいろんな釣り種のなかで
ダイワのリールでイグジストと並んで人気が高いセルテート

釣り場でもよく見かけるリール。

持ち前の高性能ともに所有欲までも満たしてくれる数少ない魅力満載のリールのひとつだ。

最大ドラグ(kg):7
ベアリング数:10/1
最大巻き上げ長(cm):81

エクスセンス4000MXG

西がセルテートなら東はエクスセンス!?(笑)
もうこのお値段出すと最上位機種との隔たりがよくわからなくなってくる。

シーバス、サクラマス、ショアジギに対応したスペックで
ショアラバでもその性能を最大限、発揮してくれる。

最大ドラグ(kg):11
ベアリング数:11/1
最大巻き上げ長(cm):99

イグジストLT4000-C

ご存知の通りダイワのすべての技術が集約された最高峰ハイエンドクラスのリール

ショアラバ専用ではないものの真鯛とのやり取りも余裕をもってこなすパワーと軽量さタフさは点数がつけられないレベル。見た目の渋さも相まって

「これで釣っている」というアングラーのモチベイションも同時に上げてくれるに違いない。

最大ドラグ(kg):10
ベアリング数:12/1
最大巻き上げ長(cm):82

ツインパワーXD 4000XG

もうミドルクラスの技術でもここまできたか!という感じ

XDの名前の由来にもなっている過剰なほどの耐久性をもって開発されたタフネスさは他に類を見ない。

パワーとほどよい軽さと巻き心地、防水性能。ショアラバはもちろんオフショアのキャスティングタイラバもカバーしてくれる。

最大ドラグ(kg):11
ベアリング数:9/1
最大巻き上げ長(cm):99

紅牙 MX 2508PE-H

ショアラバンに限定して「これにしか使わない!」という拘りで専用機として買うならこれもおすすめ

もちろんキャスティングタイラバ全般に使える。ちょうどよい最大巻取り長は掛かってからの寄せるスピードはもちろんスローに巻き取りたいときにも安定したリトリーブスピード手助けしてくれる。

ドラグ性能も必要十分。さすが対真鯛専用リール!

最大ドラグ(kg):7
ベアリング数:6/1
最大巻き上げ長(cm):84

18ステラ 4000

最後になってしまったが、我らがステラの4000番
俺コレほしい(笑)

ショアラバに必要なドラグなどパワーと防水性能、巻き心地すべてが高次元で融合されている

スペックを考えたらこの4000番がショアラバ向きだと思う。

最大ドラグ(kg):11
ベアリング数:12/1
最大巻き上げ長(cm):87

まとめ

いかがだっただろうか?
ショアラバのリールは、オフショアのジギングほどガチなパワーはオーバースペックだが
かといってある程度の剛性とパワーがなければ、40g以上の重たいタイラバヘッドは遠投できない。

またショアジギ用だとあまり速過ぎるリーリングスピードを望まないショアラバでは最大巻き上げ長が長すぎる(速すぎる)。いいバランスのものを探す必要がある。

だから探すのもちょっと一苦労する。ここでショアラバでおすすめしたリールはそのあたりも踏まえて厳選してあるので、ここからあとは好みでお気に入りの1台を決めていざ出陣。


あわせて読みたい記事